So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

文字と文明そして書(2019年5月号) [2019]

 歴史を大きく分けるとしたら、文字による記録の残る有史時代と、それ以前の先史時代の二つになります。人類は文字を発明することにより時間と空間を超えて、その英知を伝達、蓄積し文明を発達させていきます。これはある意味で情報通信革命といえるでしょう。
 人類が文字を使い始めたのは、今からおよそ五千年程前、メソポタミアやエジプトなどとされています。文法を伴わないマークや記号の類に至っては一万年程前から確認されています。人類が数百万年にわたる狩猟、採集といったその日暮らしから農耕、牧畜の生活を始めたのも、ちょうどこの頃です。最後の氷河期が終わり、人が生きていくのに以前より楽に生活出来るようになったのにもかかわらず、未来を考え、種を蒔き始めるのです。学校の教科書などでは、余剰生産物の発生が社会の階層化を生み出したとしています。農耕や牧畜の起源については多くの研究がなされてきましたが、実のところ、こうした営みが発生した過程を証拠立てる確かなデータはなく、真相はいまだ闇の中です。
 書字と脳の研究をしていると文字を「書く」という行為は空間の構築性、リズム性、手の細かい動き、言葉の使用など、異なる脳の領域を同時に広く使用し、結果、その並列的な処理の中枢を担う前頭前野の機能の使用を促す、ということが分かります。この前頭前野の機能の中には「創造」や「推論」「計画」などといった「先のことを推量して今何をしたらよいかを考える」機能があり
ます。人類が文字を持ち得たことが、その伝達、記録という面だけではなく、それを「書く」ことによって人間の高次な機能を獲得し、文明を高めていったと考えた方が、色々な面でつじつまが合います。例えば何の脈絡もなく出現しては消えていった高度な文明など、文字の持つ伝達や記録の機能だけでは説明しえない事象も証明可能となります。
 現在の情報通信革命は、人類が文字を手に入れた頃と異なり、複雑なコンピュータ技術によって支えられています。情報を人や社会の為に有益に活かすか否かは結局のところ人の心なり、脳に委ねられているはずです。高度に発達したコンピュータに仕事を奪われたり、コントロールされるのではないかと心配されるなら、文字を手書きすることについて、今一度考えてみるのもよいかと思います。

進学進級の四月(2019年4月号) [2019]

 四月、真新しいランドセルを背負い新しく小学校に通い始める子供達のまぶしい季節です。小学校では国語を習います。えんぴつの持ち方、筆順、字形のとり方は、この国語科の書写において行われます。三年生になると今度は毛筆を使うようになります。本やノートのかさばるランドセルを運ぶかたわら不思議な道具のつまった鞄を手にしての通学が始まるわけです。
 小学校でえんぴつで習字をしたり、毛筆を使って書道をしたりすることは、日本の学校としてあたり前のように思われているようですが、これに到る迄にはかなり紆余曲折がありました。「習字」の扱いの歴史を知ることは日本の教育史を知ることと同じ位、国の動勢と呼応しています。明治五年、学制発布となり毛筆習字中心の寺子屋教育から近代的な学校教育へと移行する中で「習字」は一つの教科として位置づけられました。明治三十三年には国語科の中の一科目となり、独立した教科としての地位を失います。これは欧米流のペンマンシップと呼ばれる習字法に似せたもので、ここにも明治の西洋の進んだ文明をとり入れようとする国の姿勢が見られます。また、この改訂においては、字形や書く速さの追求といった、実用的な側面だけを習字に求めたことも大きな転換といえます。
 終戦迄続いた毛筆習字に、昭和二十二年、学校教育における毛筆習字の全廃という大きな転機が訪れます。毛筆の必要性を認めないというGHQの意向です。しかし、昭和二十六年、教育課程の改訂の際、小学校にも毛筆習字が必修ではないものの復活します。これには書道団体による復活運動の影響が大きかったといわれています。そして昭和四十六年、毛筆習字が国語の能力の基礎を培うことが認められ、小学校三年生よりこれが必須とされるようになり現在に至ります。
 言語体系の異なる国の教育を、そのまま我が国の教育にあてはめてみたり、学問を行うことの意義について深く考慮しないまま、国よ富めとばかりに習字は翻弄されてきた感否めません。手で文字を書くことの人間の脳への影響の理解が進む今、それこそ人類が初めて文字を使い始めた頃まで遡り、未来の教育に向けて手書き教育について検証するべきであると思います。

改元に思う(2019年3月号) [2019]

 新元号が何に決まるかについて世間がかまびすしいこのごろです。平成に改元された頃、しばらくすると、毎年書いている幼稚園の卒園証書の生年月日の年号のところが空欄になって届きました。「昭和」と「平成」生まれが混在するため、「昭和」と印刷された文字がなく、一枚一枚「昭和」「平成」と書き分けました。そうか、平成生まれも、もう小学生かと感慨にひたったことを覚えています。そしてまたしばらくすると、小学校の卒業証書で、中学校、高校、大学と、そのたびに「昭和」「平成」と書き分け、感慨は時の流れと共に確実にやってきたものです。この卒業証書の年号を書き分けるという仕事から解放され、過去のものと考えていた作業がまた六年後、再び訪れることとなるわけです。
 改元は天皇の代始や瑞祥の出現で行われたり、平安時代以後は天災、戦乱、飢餓、疫病の流行などの不吉な事件に際しても隆んに行われてきました。大化から平成までの年号の数は南北朝時代の南北両朝の年号も含み合計二四五に達しています。一年号の平均は約五年間で、一人の天皇が二~三の年号を用いたことになります。元号を定めることは為政者の権威の証でもありました。しかし、現在こうしたいわゆる「元号」を用いているのは、世界広しといえども日本だけになっています。
 書をしている人なら、作品に年を書く際には、二○一九年なら、平成己亥などと書くことはあたり前ですが、中国の書家の方々は、西暦か、もしくは干支のみで年を記すのが一般的です。
 人類は文字を手にしたのと同時に、時を刻み始めました。現代でも文字を持たないアマゾンの奥地の部族などの言葉は「現在形」しかないこともあるといいます。時を刻む術を、意味ある漢字に込め、それを書きしたためることが出来ることは、書をする者として、きっと恵まれていることなのかと思います。新しい年号が、日本独自の文化を享受出来る、そんな元号であってほしいと願っています。

書道はスポーツか?(2019年2月号) [2019]

書道には言葉を書くという「国語」的な側面、字形や配字について考えるという「美術」的な側面、筆脈や抑揚をリズムに乗せて描くという「音楽」的な側面、それに指を細かく使うという「体育」的な側面があると申し上げたことがあります。大胆な動作はないものの指の細かい動きは前頭葉の広い領域を動かすので教育上重要な位置を占めることには違いはないのですが、「体育」や「スポーツ」の範疇には入りそうにありません。スポーツは本来筋肉を大きく使い、体を鍛えてくれます。
 いわゆるeスポーツが正式なスポーツと認められるかが話題となっています。例えばフェンシングなどはeスポーツでも可能でしょう。ただし、本来の剣術は、打たれればそれだけ痛いわけで、剣を振るう方も、その剣をどのように扱えば相手がどう傷つくかという実体験を獲得しています。スポーツ選手が爽やかで人気がある人が多いのは、理屈ばかりだけでなく、粉うことなき実体験を積み重ねてきたからに他ならないでしょう。
 書道教育の世界にもICTの活用が始まっています。しかしこれにも現場の指導者からは疑問の声が上がっています。以下は岩手県立盛岡第一高等学校教諭の三浦真琴先生の言葉です。――アクティブラーニングやグループ活動、ICTの活用などが一律に取り組まれているように思われる。生徒は慣れているので、書道で試みた時も展開はしやすく、成功したかに思えるが、本当に生徒の心を動かしたか疑問に思うことがあった。それはおそらく、生徒自身の実生活や現代の社会を背景とする生徒自身の価値観や感性を働かせた活動であること、つまり生徒にとって「実感的」であることへの視点が欠落し、学習方法のみが一人歩きをしているために生じることなのだろうと思われる。――(全国大学書写書道教育学会 第三十三回滋賀大会 シンポジウム資料より)
 赤ちゃんは、母親と目を合わせたり、実際に色々なものに手に触れることによって世界を認識し、自己を確立していくといいます。成長の段階に応じてこうした実体験の場を提供することは教育が担う責務です。書道にはスポーツのような「実感」をする、という魅力もあるはずです。

少子高齢化社会に書が出来ること(2019年1月号) [2019]

 少子高齢化により、日本の経済力や社会保障の基盤が危うくなりつつあると、よく聞くようになりました。政治家がもっと出生率を上げよう、などという発言をしますが、これはお上の指示で動くものではないでしょう。
 幼い子供の虐待が後を絶ちません。子供を授かることは人間の生存本能に関わることですが、子供に対して怒るにせよ、してはいけないことをしないのが「抑制」という人間の脳の高次な能力です。先日、子供が習字を教わっている場面で、小学校低学年の児童が、手本を書いている先生の顔をのぞきこみながら、何で習字の先生ってこんなにやさしいの、と真顔で話しているのを見かけました。江戸時代の庶民の学校である寺子屋では、主に習字が行われており、師弟の情宜は大変深かったといわれています。よく道端でみかけるお地蔵さんの中にも、寺子屋の師匠を慕って建てられた寺子地蔵というものが今も多く残っています。
 人生百年時代といわれます。現役を引退しても数十年の長き人生が待っています。出来ることなら健康で生き生きと暮らしたいものです。私の周りには書をする方が多くいます。皆さん共通する点は年を重ねても若々しく元気ということです。自分の弟や妹の介護をしているのだ、という人も少なくありません。シルバー人材センターの毛筆筆耕の講習会などに出かけると、はじめは老人然としていた人が何日か講習会に通ううちに表情や着ている服が明るくなったり、人とコミュニケーションがとれるようになったりします。これには主催側の職員も驚く程です。若い頃から学習をする生活習慣がある人程、認知症になりにくいと専門医は言います。ただし、その生活習慣を高齢になっても維持出来るかどうかが大切で、まさに学ぶに遅きときなしです。
 昨年は書字と脳の研究で、文字を手書きしたり、パソコンで打ったりするようすをNIRS(近赤外光脳機能イメージング装置)を使って多くの人の脳の活動を観察させていただきました。もちろん手書きとタイピングの違いについてデータはとれたのですが、それとは別に、何もしていない、安静閉眼状態になると、言語やコミュニケーションを司る脳の領域の血流が著しく上昇するようすが観測出来ました。これはいわゆるDMN(デフォルドモードネットワーク)というものではないかと考えています。DMNとは何もしていない時に動く社会的知性と呼ばれる脳の機能です。朝起きてから夜寝るまで、食事や移動、仕事や勉強の時間すべてにおいてこのようなDMNを活動させる時間がいつあるのか気になります。今の日本人は、せきたてられるかのように機械に向かっていないといけないのでしょうか。ぼーっとしているのなら何か忙しくしていた方が脳を活動させるのでは、という世間一般の考えの逆を行くようなデータですが、学識と教養に溢れた僧侶が、昔から座禅などを大切にしてきたことを思えば納得のいくところです。人類七百万年の歴史の中で、このような生活環境となったのは、ごく最近のことです。人間が原始の頃から持ち得る本能に関わるエネルギーの活動の場が失われないか心配です。
 今年は今迄の研究を社会に問うていく一年になりそうです。文字を獲得した人類が数千年の時を経て、書くことの意味を確認する時は近づいています。

年賀状の季節に思う(2018年12月号) [2018]

 平成三十年も残りわずかとなり、何かと気ぜわしいこのごろです。年賀状を書かねばと考えながら、いつもぎりぎりになってしまうのは私だけではないようです。書を学んでいる方々は年末の忙しいさ中、形式的な儀礼にのみ時間を費やすことなく、自らの稽古も兼ね、ぜひあて名も裏面も手書きして下さい。
 先日書のシンポジウムで、登壇された大学教授が小学校時代に若い女性の先生からもらった年賀状についてお話になりました。およそ半世紀の歳月を経て、それはいまだに初恋の想い出と共に大切にしまってあるとのこと。これが手書きでなかったらこんな感懐は湧いてこないであろうというくだり、その通りでしょう。
 書は様々な面で二極化が進んでいると感じています。伝統的な固形墨や毛筆を作る職人が限られた数となってきていることや、書の公募展への参加者の減少といった側面が「書」の衰退であるという見方があります。一方、万年筆や新型のボールペンの売り上げは好調です。以前には見られなかったような書道パフォーマンスなどが、若者のいわばサブカルチャー的な人気を得て流行しています。脳科学の、特に「書字」に関する研究者たちは、最先端の知見を得てか、なるべくして便利な情報機器とは距離をとり、手で書くことを薦めるとともに自らが実践しています。
 IT革命の先駆者ビル・ゲイツは、手で文字を書くことは、これからその意味が変わっていくであろう、と三十年前に予言しています。手紙というほどに、手書きの書状にはその人しか持ちえない感覚が幾重にも盛り込まれ形となり残ります。「書」のイメージや、その社会的な役割も時代に応じて少しずつ変化していくべきものです。
 平成という時代が、過去のものとなりつつあります。来たる時代が人間の持てる素の玉を磨き、その素晴らしさを謳歌出来る、そんな時代の到来が望まれます。来たる年の皆様の御多幸を祈念すると共に、手書きの年賀状を心より楽しみにしています。

書について考える(2018年11月号) [2018]

 錦秋の麗しき盛り、第六回誌上展特別号が発刊となりました。出品点数、頁数共に過去最高となり、重厚な充実の一冊となりました事、喜びに絶えません。
 内容も「書とは何か」についてそれぞれが考え、作品と向き合っているようすが窺われ、頼もしく思いました。私は日頃、手で文字を書くことは脳を鍛えることにつながると述べています。悪筆に悩む方は、脳のことはさておいて、まず上手に字が書けるようになればよい、と考える向きもあることでしょう。「書は人なり」といいます。文字というものは不思議なもので、その字形の良し悪しというよりも、自分が紡いだ文字とどう向き合っているかが表れてくるものです。どのようにして書くかについて、いかに頭をひねってきたかが、再び書いた文字に投影されるのです。
 本号は四九〇号です。来年の九月号で「実り」は五〇〇号を迎えます。本会も伝統を積み重ねて来ました。社会に「書」をするということは一体何なのかについて発信していかなくてはなりません。会員の皆様がこれからも書についてさらに考えを深め、享受されることを祈念しております。

書を能(よ)くするということ(2018年10月号) [2018]

 特別暑い夏が過ぎ、まだその疲れの癒えぬまま秋がもうやってきました。今年、西日本は大きな災害に見舞われました。八月末に私が仕事で東広島に訪れた時には、まだ山肌が茶色く露出したところが見かけられ、自然の脅威を目の当たりにしました。一体いつになったら人間はこうした災害を克服することが出来るようになるのでしょうか。
 科学の発達により、情報通信技術が身近な存在となる一方で、人間の注意や判断に関わる人災は一向に減らないような気がしてなりません。高度に発達した科学技術を使いこなすためには、それ相応の人間の能力が必要です。脳科学は、人間の様々な能力が脳のどの領域で行われているかをつきとめています。その領域の活動を促しながら、つまり考えたり、手で書いたりしながら理解していかなければ、読んだだけ聞いただけの、叡智とは無縁の知識となってしまうでしょう。
 「能書家」という言葉があります。「書を能くする人」という意味ですが、これは何も「文字を正しく整えて書く能力のある人」を指すわけではありません。「心の中身を描き出す絵」とも言われる書と向き合い続けられる人を指す言葉であると私は考えています。
 今月号ではその書を能くする方々が顕彰されています。すべてが楽に便利にという時代の流れの中で、自ら考え、自らと向き合う姿勢に深く敬意を表すと共に、そのような姿勢が、必ずや次代を築く大きな力になるであろうことを私は信じて止みません。

本心を養う(2018年9月号) [2018]

 先日、行きつけの燃料店に寄ったら、焚木が山積みにされていました。店主曰く、庭などで、ちょろちょろと燃やして楽しむ人が増えているとのこと。知人の高校教諭の勤務校では、修学旅行で無人島で暮らすコースが出来たとのこと。物や情報の溢れる現代において、かえって、まるで原始の頃のような暮らしに時間と金を費やし、楽しんでいる人が増えています。
 室町時代の僧、一休宗純の詩に、こんな一節があります。「道に学び、禅に参じては、本心を失う。漁歌の一曲、価千金。」室町時代の漁師といえば、読み書きといった教育を受けていなかったはずです。高い学識のある一休をして、その漁歌に千金の価があると言わしめたのはなぜでしょうか。
 脳科学の視点から考えてみましょう。人間の脳は大きく三層から出来ています。脳の一番外側にある数ミリの大脳皮質が、学習、思考、判断、注意、抑制などといった高次な機能を司ります。その内側の大脳辺縁系は、別名ワニの脳などと呼ばれるところで、生物が生きていくための生存本能を司る領域です。言い換えれば、人が生きていくための本能、つまり本心を司る領域とも言えます。ちなみに最深部の三層目は、呼吸や心臓の動きなどを司る生命維持のための領域になります。
 大脳辺縁系の働きは、例えば、おいしそうなものを見つけたらそれを採ろうとしたりする能力です。幼年の頃の梨もぎや芋掘りなどは、まさにこの領域を育むものであり、未成熟な子供にとって、こうした行事は脳全体の成長にふさわしい活動であるに違いありません。
 生きるために人間は狩猟や漁労、採集を行ってきました。これは人類七百万年の歴史の中で培われてきた営みです。それがここ最近、生きるために水や食料を得ることと、人の行動との関係が急速に希薄になってきています。大脳辺縁系の活動は、人間が生きようとするエネルギーの源です。生きるために人はどのようにすればよいか考え手を動かし、動植物を捕えてきました。手の動きは大脳皮質の活動を大きく促します。手の動きと生きることのつながりが見えづらくなった現代は、脳や心のバランスをとりづらい時代であるともいえます。一休のように一歩立ち止まり、漁歌の一曲に耳を傾けるのもよいかもしれません。

左払いを制する(2018年8月号) [2018]

 書を習い始めの人が「大」の文字を書くと、ほとんどの場合、右払いよりも左払いの方が短くなります。右手で書くとき、力を抜けば右下へ線が流れていきます。左下に払おうとすれば意図的に指をコントロールしなければなりません。右払いよりも左払いの方が短くなるのはこのためです。
 左払いにも様々な表情があります。例えば「人」と書いたとしましょう。これに横画を一本加えれば「大」になるわけですが、これでは字形のバランスがとれません。「大」の場合、左払いは「人」のそれよりも、そり気味にしなくてはなりません。読めればよいというのなら「人」に「一」を加えればおしまいなのですが、習字の場合、それを突き詰めて考え、指を細かくコントロールするという学びを行います。「大」と「美」の左払いも、その長さや傾き、そり具合などが違います。考えてみて下さい。「大」と「史」、「女」と「父」、など一見同じようでも微妙に違う左払いは意外に多いものです。「多」の文字などは左払いが四本もありますが、これを美しく書けるかどうかは書の実力の基準とさえなっています。一歩進んで「原」と「成」、「企」と「金」の左払いの違いまで理解し、書き分けることが出来ればかなりの上級者です。「成」は「原」よりもほんの少しそり気味になりますし、「金」は「企」よりもやや上にふくらみ気味に払います。
 大正時代、尋常小学校で使用されていた習字の教科書には見開きで「ノメクタ」のカタカナ四文字が大書された手本がありました。国語の教科書と異なり言葉の持つ意味よりも、基本点画の書きぶりの修得を主眼としていたのでしょう。この教科書は「ノメクタ本」の異名もある程で、いかに左払いの難しさを多くの人が感じていたかが分かります。
 パソコンを使えば左払いをどう描くかなどといった頭を使う必要なく文字が完成してしまいます。パソコンも一見細かい指の動きをしているようですが、この左払いの指のコントロールから比べれば、ボタンを押す作業の連続でしかありません。人間の高次脳機能の発達は、細かい手作業の発達と並行している……ということは、文化人類学上の前提です。言語や思考を通した細かい指の運動をなすことの意味について考えることは、現在の様々な社会問題を解決する糸口になると私は考えています。
前の10件 | -