So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

コミュニケーション能力と習字(2017年8月号) [2017]

 習字をしていると和歌や漢詩を書く機会が多くあります。「言葉を書く」という面からすれば、その詩歌の読みや、意味内容を十分咀嚼してから書くのが筋で、自然と文学に親しむようになるものです。特に平安時代の和歌などは人の繊細な心を描写したものも多く、古人の優れた感受性や表現力の豊かさには驚かされます。テレビやスマホなどで大量な情報を収集し、また発信出来る時代です。平安の頃、身の回りの出来事ですべてが完結した頃と異なり、人は賢くなったかといえるでしょうか。古人のような周囲への観察力、洞察の深さや語彙の豊富さには、現代の知識人も舌を巻く程です。
 遠い所の映像を居ながらに見ることが出来、自分に必要と思われる情報を瞬時に手に入れることが出来るようになった一方で、身の周りへの関心や注意が薄れているのではないかとの指摘もあります。家族団欒の食事の時さえ、スマホの操作に追われていては普通の日常を送ることによって得られるコミュニケーションの経験は減少するばかりでしょう。
 ある統計によれば、社会へ出て勤め始めて早々に退職し、引きこもってしまう若者が十年前の二十倍に達しているといいます。社会に出れば、新しい様々な人、想定外の事態と向き合い、それぞれに注意を払い判断を下していかなくてはなりません。こうした社会の荒波の中で生きていく智慧は、以前なら暮らしの中で自然と経験し、年齢を重ねると共に会得してきた類のものです。
 手紙を書く機会が少なくなったとよく聞きます。メールの方が手軽でよいのでしょう。それに比べ手書きは、まるで彫刻をするような造形感覚や音楽を奏でるようなリズム感、さらに細かい手の動きなどが加わります。手で文字を丁寧に書くことは自己の表出性が高く、前者と比べ重みのあるものです。この重みを軽くしてくれる現代の便利な道具の恩恵にあずかるのもよいのですが、それに頼りきることの弊害が顕在化し始めていることも確かです。
 コミュニケーション能力とは人の心の機微について推し図る想像力と、それにいかに対応するかの表現力にあるはずです。便利さの追求が極まりつつある今、あえて不便さを享受し、少し重いものに取り組もうとする姿勢が求められていると思います。

相手が読み易い字とは(2017年7月号) [2017]

文字が上手かどうかの一つの尺度に「相手が読み易い」という点があります。国語の作文や職場の書類を書いた際に「もっと読み易い字で書いてほしい」などと注文をつけられ、習字を始めたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 読み易い文字の代表例は「明朝体の活字」でしょう。たて画が太く横画が細く、また文字のまわりを含めて点画どうしが均等にデザインされているため、最も認識しやすい、つまり読み易い書体ということになります。実際、新聞や雑誌、書籍などの出版物のほとんどはこの書体を採用しています。ただし、この明朝体活字の書体は手書きするには不向きです。例えば「辺」という字などのしんにょうの左部分は、手書きではくねくねと曲がります。「令」の字の下の部分も手書きでは「マ」の形になります。読み文字と書き文字とでは、その性質が微妙に異なるのです。
 活字はあらかじめ用意された文字を「並べる」ものです。一方、手書きの文字は指で一点一画を描いていきます。明朝体活字のように手書きするとしたら、それはレタリング(図案文字)となってしまいます。手書きの読み易い文字は、明朝体活字の整斉さに、手書き特有のリズム性や表情の豊さが加味されていなくてはなりません。
 このような「相手が読み易い字」を手書きするとしたら、まずは筆記具の持ち方に注意すべきです。「虚掌実指(きょしょうじっし)」というように、掌(てのひら)にピンポン球が入る位の空間をとり、親指、人差し指、中指の先で三方から筆記具を支持します。この持ち方をすれば、筆記具の上下の抑揚運動を滑らかにコントロールすることが出来ますし、点画の向きの微調整や、細かい点画の連続した書きぶりも可能となります。また親指の先を使うことにも大きな意味があります。親指の動き
について脳が使われる領域は大変広く、親指を使った書字活動の大切さは、脳科学的な視点からも指摘することが出来るからです。
 身体から離れた読み易い文字が氾濫するこのごろです。肉声に耳を澄ませるがごとく、肉筆から感じとる力を衰えさせてはならないと思います。

名前を書こう(2017年6月号) [2017]

 物事のほんの初めの段階を、よく「いろは」といいます。江戸時代、寺子屋での手習い本の入門書は、まず「いろは覚」で、子供達はここから文字を学び始めます。次の教材は何かというと、「名頭字(ながしらじ)」、つまり名前の書き方を学ぶことになります。名前でよく使われる文字、源、平、藤、橘、孫、彦、伝、吉、伊、半…と習っていきます。太郎、次郎、右兵衛、左右衛門などは、まとまりで覚えていきます。これらを読み書きしていけば、人の姓名を理解することが出来るようになるわけです。
 名前を書いた書の古典に空海の「灌頂記(かんぢょうき)」(「灌頂暦名(かんぢょうれきめい)」ともいう)があります。弘法大師空海は、書を能くし、嵯峨天皇や橘逸勢と共に三筆と称せられます。「灌頂記」は、空海が高雄山寺で灌頂という仏教の儀式を受けた人の名を書きつらねたもので、最初には最澄の名も見られます。これは他の人に見せるため、というよりも一種の覚え書きのような記録であり、空海が自由無礙(むげ)に書き上げているものです。空海の研究者の中には有名な空海筆の「風信帖」よりも「灌頂記」の方が好きだ、という方もいます。「風信帖」が改まったよそ行きの書としたら、「灌頂記」は空海の素の表情が感じられるところに魅力があるかもしれません。「灌頂記」には一六六人の名が連なっています。空海は、これらの名前を書く際に、その一人一人のことを想い浮かべながら書いたに違いありません。
 新入学、新年度の時期には、お子さんの持ち物にそれぞれ名前を書くのに一苦労した方も多かったのではないでしょうか。色々な形や大きさのラベルに名前を書くことは大変なことですが、お子さんは、きっとその書かれた名前に温かく見守られながら学校に通っていることでしょう。封筒や葉書きの宛名にしてもパソコンを使えば効率よく出来上がりますが、相手を想いながら、手を丁寧に動かして書かれた文字は、その文字自体が肉声のような表情をもって伝わるものです。文字を書くことは記録や伝達の手段としてのみ捉えられがちです。手で文字をしたためる時間は決して無駄な時間ではなく、これからの時代、意図的に確保すべきものであるはずです。

手書きの世代間感覚ギャップ(その二)(2017年5月号) [2017]

 今の中高年が学校に通っていた頃の定番の筆箱として「缶ペン(カンペン)」というものがありました。名のとおりスチール製で、筆記具がそれこそ六本も入れば一杯になってしまう代物です。文字を書くことが誰でもタッチするだけで可能になった昨今、筆記用具はあまり売れなくなったでしょう、と缶ペン世代の方はよく言います。実際にはさにあらずで、筆記用具の売り上げは右肩上がりです。筆箱のサイズも大きくなりました。子供達はまるで弁当箱かと見紛うような大きな筆箱に筆記用具を沢山入れ、それを使い楽しんでいます。
 先日、アルコールやメディア依存に関する治療、研究を行っている久里浜医療センターの中山秀紀精神科医長のお話を伺いました。中山先生はテレビやインターネットの接触時間と、その依存に関して様々なデータを集め、その問題点を詳らかにしています。それらの中でも興味深かった点は「依存者と周囲の人との考えの根本的な相違とジレンマ」に関してです。大人は「好きなこと(ゲーム・ネット)を存分にしているから、幸せなんでしょうね」と考えるそうですが、子供にしてみれば「好きなこと(ゲーム・ネット)を存分にしている。けれど自分は不幸。なぜ?」と感じているといいます。依存者はゲーム・ネットから抜けられないだけで、楽しんでいるわけではないのです。こうした感覚のギャップは、アルコール依存など、他の依存にも言えることで、問題の解決を難しくさせています。
 手書きや書道というと、中高年以上の世代は「古い」もので、これからはパネルにタッチして読みやすい文字を書くことが「新しい」ものと考えている人が多いようです。つい最近、某放送、新聞のメディア関係の方々と手書きと脳についてお話をする機会があり、やはりそのような感覚を持っていましたが、話が終わる頃には手書きについて認識を新たにしたようで、皆、顔を明るくして今日は勉強になった、と帰っていきました。本当に分かったかは定かではないのですが、熱意を持って語れば通じる話題であり、「新しい」時代に漠然とした不安を覚えている中高年にとっては、希望ともなる視点を提供出来る「手書き」の話なのかも知れません。ちなみにこの対話は気が付いたら四、五時間が経っていました。これからも腰を落ちつけて根気よくこの話題を発信していきたいと思っています

手書きの世代間感覚ギャップ(その一)(2017年4月号) [2017]

 手書きに関して言えば、現在四十代以上の方は、子供の頃、通信手段といえば主に電話や手紙であり、メールでのやりとりなどは、経験されたことがなかったはずです。そういう私も、世人に先んじて四十年近く前、まだ、お父さん達が電車が止まると十円玉を手に公衆電話に行列を作っていた頃、好奇心から電子メールをしていたものです。この頃の電子メールは、モジュラーという機械の上に電話の受話器を乗せて、カセットテープに録音した電子音を送る、といった方法ですが、これが未来を体感しているようで、一人得意になっていた事を覚えています。この頃の世代は、文字は手書きすることから、タッチすることに移行していくと考え、悪筆にもかかわらず手書きを強いられ、そこから解放されることに明るい将来を描いていたのかも知れません。
 翻って現在、学校の保健室に行けば、デジタル機器の過度の使用を控えるようにと呼びかけるポスターをあたり前に見かけるようになりました。最近では、日本小児医会と日本医師会が、約十七万人の会員に向けて「スマホの時間 わたしは何を失うか」と題して、使用時間に比例して学力が下がることをデータで示しています。今の高校生以下の世代は、現在、四十代以降の社会の中心となっている働き盛りの世代がまったく受けていないデジタル機器の負の側面について学んでいるのです。
 私が手書きについて色々な人と話しをする中で、四十代以降の世代では、「手書き」が「古いもの」という感覚が前提になっていて、逆に高校生以下になると「かっこいい」という感覚があることに気付きます。これは、書道や百人一首を題材とした漫画が子供達に人気を博していることでも分かります。情報通信革命のただ中にある我々にとって、この世代間のギャップは、無視の出来ない事象と感じる場面に多く遭遇しています。次回はこのことについてお話していきたいと思います。

書道は「語学」(2017年3月号) [2017]

春の訪れが待ち遠しい冷たい風が身にしむ頃、街を歩くと「淹れたてのコーヒーあります」などといった看板を目にします。ほっと一息一杯いただこうという気をそそります。これが「入れたてのコーヒー」だったらいかがでしょう。コーヒーを味わおうとするのなら「入」より「淹」の文字を使った方が、たとえ中身が同じだとしても期待感に差がつき、よく売れるかもしれません。
「淹」の文字は国の定める常用漢字二一三六文字の中に入っていません。学校では習わない漢字なのです。文字の使い方、また文をいかに構成するかについての専門家には、小説家、コピーライター、新聞や雑誌の記者などがいます。言葉や文でいかに表現し読み解くかは、諸外国の言語も含め「語学」の範疇となります。
 グルメの評論家には、看板の文字が上手だと、その店の料理はだいたいおいしい、などと指摘する方がいます。書が、長短、太細、連離、細かい点画の書きぶり、配字などの様々な要素の匙加減が大切なのと同じく、料理も様々な食材を用い、それを互いに引き立て合い調和させなければなりません。書
と料理は、こうした点で似ている点が多いのです。「淹れたて」の文字が表現豊かに書かれていれば、そこにも強い訴求力があるわけです。
 文字を整えたり、はたまた表現豊かに美しく書いたりすることを追求するのが書道であり、特に現在高等学校では「芸術」の領域の学問として分類されています。文字や文の内容については「語学」で、その形をいかに表現するかは「芸術」ときっぱり分けることは出来ないと私は思います。文字を美
しく書こうとよく考えて手を動かす際には、言語中枢の所在である脳の前頭前野を使います。芸術と語学は、脳の機能を構造から考えれば、一体不可分な学問領域であるはずなのです。
 およそ十年に一度の学校教育における学習指導要領の改訂が、近く行われます。その中で小中学校の国語科において行われてきた、手書きすることの要素が高等学校の科目の中にとり入れられようとしています。書道が語学力の発達に資するような学問領域であってこそ、始めてそれが真に書をなすこ
とに通じてくると私は考えています。

筆の洗い方(2017年2月号) [2017]

 筆巻きの中を見ると、だいたいその人がどの程度の書き手であるか分かるものです。どんな種類の筆を持っているか、というより、その手入れの仕方で道具をどう使いこなしているかが見えてくるからです。
 最近、筆は洗ってはいけないのですか、と訊かれることがあり驚きます。筆は洗わなければ翌日にはカチンコチンに固まってしまい、使い物にならなくなります。これは固形墨を磨ったものでも墨汁でも同じことです。
 想像するに、学校での習字の時間に大勢が一度に筆を洗うと、その分授業の時間が確保出来なくなるとか、流し場が汚れたり、時には詰まってしまうことを恐れて、「学校では洗わない」とされていることが、いつの間にか「筆は洗わない」となってしまったのではと疑っています。学校でも、道具の手入れを学ぶため、筆は洗ってもよいのではと思います。また、濡らした紙で筆を拭くという方法もありますが、これは筆のベタつきをとりながら、毛を整える際に行う一時的な手入れであり、根本的な洗い方ではありません。
 筆には大きく分けて、その根元から順に腰、腹、先という部分があります。紙に接するのは先だけだからといって、腰や腹の部分は使わないということではありません。筆の腰のバネを効かしてそれを腹を通じて先に伝えるのです。筆の腰のバネをリズムに変え運筆をするからこそ、書が目に見える音楽になるのです。筆の持つこのデリケートな機能を発揮させるためには腰から丁寧に洗うことが必要です。
 筆には様々な種類がありますが、一般に最低二分の一以上はおろします。おろしたところまで洗わないと、筆が割れる原因になります。筆の根元の方に毛細管現象で墨がたまった筋が残らないように洗うことが大事です。洗い過ぎも注意です。墨の膠分(最近では合成糊の場合も)をとり過ぎ、またごしごしとしごきすぎると毛麟(鱗のような毛のギザギザ、これが墨の含みや吐き出しに大きく関係している)を痛めてしまいます。おろしたての筆は毛の油分が多く腰が弱いものですが、使い込んでいくうちに、腰に張りが出てきます。筆は使い込み、手入れをしながら育てるものなのです。
 寒さの厳しいこの時節、筆を洗うのは骨が折れます。自らを鍛えてくれる筆に感謝し、大切に扱っていきましょう。

書道と日本経済(2017年1月号) [2017]

 手書きすることが少なくなったと言われるようになって久しいこの頃です。情報通信革命は、コンピュータ技術の発達によってもたらされたことはいうまでもありません。AI (人工知脳)が今後、社会をどう変えていくかについても、その確かな将来像は見えてきていません。
 およそ二百五十年程前に起こった産業革命は当初、人類に絶大な恩恵をもたらすものとして歓迎されました。しかし、女性や年少者の苛酷な労働、公害など新しい負の側面の問題も次第に顕在化してきます。社会はこれに対し、労働法の制定や各種公害対策、教育の充実、資本集中の抑制など様々な政策を講じ、産業革命の負の側面をカバーしてきました。これは現在至るまで、またこれからも不断に必要とされる意図的な社会政策です。
 産業革命が、人間の「筋肉」を代替する変革だとしたら、情報通信革命は人間の「脳」を代替する変革になります。筋肉も脳も使えば強くなりますし、反対に使わなければ弱くなっていきます。筋肉なら、その衰えは目に見えて明らかですが、脳はそれ自身には知覚や痛覚がなく、また精密な器官であるが故、硬い頭蓋骨に覆われ、その状態は外からは窺い知ることは出来ません。産業革命を鑑みるに、その渦中にあるがゆえに見えてこないその副作用に目を向け始めなければならないはずですが、それを意識する役割自体が脳であることが、この問題への対応を複雑にさせています。
 他国は多かれ少なかれ情報通信革命の負の側面に対する施策を始めていますが、日本はこの面で大きく後れをとっています。その理由には、日本の文字の手書きすると難しく、打つと大変簡単になる特性が関係しているのではないでしょうか。そして脳には心理を司る役割があります。言語と脳とは大変深い関係にあるのです。
 消費意欲を始め活発であったはずの日本の動きが停滞しています。金融政策などは、まさに人の脳の性向が常に一定であることを前提に行われています。情報通信革命による脳自身の変化をふまえて施策をなすことなしに、日本経済の発展はありえないと私は考えています。
 脳科学の進歩のおかげで、この見えない、しかも自覚も出来ない脳の構造と機能が明らかになってきています。手で文字を書くには脳の様々な領域を同時に用いなくてはなりません。意欲を司る前頭前野を中心として、様々な脳の領域を結びつけていくことが出来るわけです。逆にこの前頭前野と他の領域のつながりを少なくすると、人は周囲や仕事、食事、将来などに無関心となり全般に意欲が低下してしまうことも分かっています。
 産業革命の負の面を、人類は時勢の流れに任せず意図して人為的にそれを克服してきました。情報通信革命において手で文字を書くことは、これも世の流れに任せてだけではいけないはずです。
 書をすることは、実に大変な行為だと思います。それに果敢にも意図的に組みしている方々に幸多き一年であることを祈念しています。

先生と生徒が共に成長する場としての教室(2016年12月号) [2016]

「教」という漢字は、もとは子供にむちを打って習わせる、ということを意味しています。厳しい学問に自主的に向き合えるようになるまで、いわば強制的に学ばせざるを得ない、ということでしょう。高圧的な指導ばかりでは効果的とはいえません。学ぶことが大変であっても、それが大切なことであり、楽しみにもつながると身をもって伝えるのも指導者の役割です。
 先生業をしていると、指導実績として、今迄何人の生徒を教えてきたかが指標となることがあります。少人数を長期に亘り指導してきた場合もあれば、大人数を短期間だけ指導してきた場合もあるでしょう。どちらにせよ、教室において直にどれだけ生徒と対峙してきたかが、先生の評価の一つの尺度にもなっているわけです。
 私も教育テレビなどで学ぶことはありますが、そこに講師として出演している先生の弟子として「師事」していると言えません。出演している先生も、教室での生徒と対面の場を多く経験してきた実績があって、その上で不特定多数の人に向かって講義をしているわけで、そこに至る迄には多くの試行錯誤があったはずです。
 指導者は、学ぼうとしている人のために、よかれと思ってか、最新の電子機器を用いて最高の授業を提供しようとします。ただ、その分先生の出番は少なくなります。これは残念なことです。教室は先生が生徒にむちを打つような厳しい学問の場ではありますが、同時に先生が指導経験を積み重ね成長していける貴重な場でもあるはずです。教壇に立てば、教えることによって生徒がどう変わっていくかが分かります。先生は生徒のようすを直に感じながら自らの指導の技量を向上させていきます。先生も生徒に成長させてもらっているのです。もちろん生徒は先生に「師事」したことになります。
 教わる側が教える側となって強く想い出すことは、教わった内容というよりも、先生が実際にして見せてくれたことや、自分の経験に基づいて話してくれたこと、またその人柄だったように感じます。どんな学問であれ、先生と生徒が共に成長してゆける場としての教室こそが、真の学び場であると私は考えています。

東京書藝展閉幕す(2016年11月号) [2016]

東京池袋の東京芸術劇場で行われた四年に一度の書展、東京書藝展が閉幕しました。一年の準備期間、作品制作の構想、稽古等も含めれば、それ以上の期間が本書展に向けて費やされたはずです。出品者の方々、指導を担当した先生方、運営にあたった事務局職員の方々、それぞれの熱意ある取り組みが結実し、素晴らしい展覧会となりましたこと喜びにたえません。特に、実行委員長の内田篤秋先生を始め審査役員の先生方には、本展成功に多大なご尽力を賜りました。また実際の運営に関しましては、多勢の会員の方々、関係各位にご尽力いただきましたこと、この場を拝借し改めて厚く御礼申し上げます。
 会期中は、私も出品作品をじっくり鑑賞させていただきました。会期が終りの頃には、誰の作品がどこに展示されているのかが頭に入っているようにまでなり、私にとっても充実した書展となりました。会場では、それこそ数十年ぶりの再会を得るなど、展覧会ならではの慶ばしい場面も多く、こうした機会を提供する事も、本展の一つの役割かと思いました。
 書をすることは、文字を上手に書いたり、表現力豊かに書くことだけを最終目標としているのではありません。よく考えて文字を書きしたためることは脳の様々な領域の同時並行的な活動を促し、結果、言語能力を高め、思考、判断、コミュニケーション能力といった人間らしい高等感情を培っていくことにこそあります。つきつめれば、それが再び書となって現れてくるのですから、巧拙のみを基準としない奥深い書の世界がそこにあるわけです。
 東京書藝展が、なごやかな雰囲気の中、来場者どうしの交流もあり、実り豊かな展覧会となりましたことご報告申し上げます。これからもぜひ書のある暮らしを楽しんで下さい。
前の10件 | -